日々の泡

刻々と変化する自身と世界の邂逅は一瞬の出来事であり、

極めて身体的な反応として断片化される。

積み重ねた断片を編むことで私は私が何者であるかを問い続けるが、

紐解く鍵もまた自身の中だけにあり、日々変わり続けるだろう。

Using Format